通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

世界中から来た観光客が安全で楽しく日本国内で観光できるように、通訳とガイドをかねた資格である通訳案内士は、日本で語学系唯一といってもいい国家試験とされています。しかし、通訳案内士試験の合格率は芳しくありません。なぜなら毎年合格率が9パーセントから17パーセントまでばらついているからです。受験内容は毎年異なるため受験する年の募集を確認しておくことが必要といわれています。なお、受験対策の一環として、通訳案内士試験道場と呼ばれるスクールに通う人も増えてきました。独学で学習するよりも効率よく学習ができることと、スクールに通うことによって自立心やプレゼンテーション、コミュ力などが身に付きやすいでしょう。どれくらいの期間で行われるのかは試験ごとに異なりますが、例年8月が1次試験の外国語・日本の地理・歴史・一般常識・通訳案内における実務についてなどの筆記試験です。対して12月には英語を話しながら通訳することや、コミュニケーション力を見るための努力をすることで、翌年2月に合格が決まるといわれています。なお、大抵の受験者は1次試験で不合格になっており、翌年再受験する人が少なくありません。一部の受験科目は翌年免除されるため、積極的に苦手科目と向き合うことでいい勉強をすることができるでしょう。更に学習するためにはより満足できる通訳案内士試験道場のような学校で授業を受けるのが一番です。1次試験対策を行うのか、あるいは2次試験対策を行うのかによって、料金は大幅に異なります。1科目ごとに受験内容は内容によって異なりますが、合格するためには7割以上の得点を取っていれば問題ありません。ただし、系統付けた知識として何度も思い出して覚えられるように独自のカリキュラムを提供している通訳案内士試験道場であれば、比較的割安な価格で学習ができるでしょう。費用は教える科目によって学習できるため、どの程度自分でかかるのか、受験費用はどれくらいなのか、確認してから受験してください。
Tagged on: , 通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)